MENU

AGAと睡眠

AGA(男性型脱毛症)を防ぐには「睡眠」が欠かせません。「寝る子は育つ」という言葉もあるように、睡眠は人間の成長において最も必要とされています。毛髪を少しでも太く長く成長させたいという場合にも、睡眠は非常に大切な要素となっています。

 

AGA対策において、最も効果的な睡眠の取りかたは「夜10時〜朝2時の4時間の間には寝ている事」です。これは、綺麗な肌や美顔を保つスキンケア対策と全く同じやり方です。夜10時〜朝2時という時間帯は「睡眠のゴールデンタイム」とも呼ばれています。

 

この4時間の時間帯は、毛髪の成長を促してAGAを予防・抑制するために最も理想的な時間帯です。この時間帯は体の他の機能が身体の新陳代謝を妨げないように、ゆっくり睡眠をとって体を休めている必要があります。

 

AGA対策には、睡眠時間を充分確保することも必要です。ただ、充分と言っても寝すぎはあまり良いとは言えません。理想的な睡眠時間は「7時間〜7時間30分」くらいと言われています。熟睡のコツは、「夜中の12時より前に寝る」、「寝る時には嫌な事は忘れる」、「身体を温めてから寝る」、「鼻詰まりを解消してから寝る」、「熟睡できる枕を選ぶ」、「寝る前にカモミール等のノンカフェインのリラックスティーを飲む」など様々なものがあります。

 

これら睡眠を良くとるための事柄は、一見AGAとは余り関係が無いように思われます。しかし実際には、「最も低コストで最も効果的なAGA対策の方法」であると、AGA専門家の間で言われているのです。