MENU

AGAの病院と自毛植毛

AGA(男性型脱毛症)は、AGA関連の病院でも治療が可能です。AGA治療を行う病院・医院は、「皮膚科」だけではなく、「形成外科」や「美容外科」などもあります。インターネットで病院検索をする場合は、検索エンジンに「都道府県+市町村+AGA(例:北海道小樽市AGA)」と入力して検索してみてください。

 

病院でのAGA改善のための手法には、「プロペシアの処方」と「自毛植毛」等があります。中でも自毛植毛は、AGAの解決のために最も簡単で理想的な方法とされています。しかし、自毛植毛は、通常の発毛サロン等の「増毛法」と違い、「移植手術」に分類されるため、専門の医師でなければ施術を行なう事ができません。また、健康保険が適用されないため、治療費・施術費は全て自己負担です。

 

自毛植毛のデメリットとして挙げられるのは、施術の費用が高額ということです。その人の症状にもよりますが、症状の範囲が広い場合などは、軽く100万円は超えてしまうようです。また、もう一つのデメリットとして、高い技術が要求されるために施術する医師により完成度が異なるということも挙げられます。

 

他にも、自分の毛髪を利用して施術する方法である事から、頭の後方や左右横の毛髪が少ない人には適さない方法であることも挙げられます。しかし、毛髪再現量に関しては、全盛期の毛髪量を再現するまではいきませんが、それでもかなり毛髪量を増やすことができ、満足度も高いようです。