MENU

AGAと生活習慣

AGA(男性型脱毛症)の発症には、生活習慣が大いに関係します。生活習慣とは、「睡眠」「食事」「飲酒」「喫煙」「運動」「ストレス」などの、日常生活における習慣のことです。これらが不規則になる状態が長く続くと、身体に悪影響を与えはじめます。それをきっかけに、不健康病の代名詞とも言える「生活習慣病」が発症すると言われています。

 

AGA予防・抑制のためには、まず最初に普段の生活習慣を整える事からはじめてください。AGAを促進させる一番の要因は、生活習慣の乱れといわれます。毛髪とはもともと身体の一部であるので、生活習慣が乱れて身体に良くない変化があった場合は、そのまま毛髪にもその悪影響が現れます。AGAに本気で悩んでいるという人は、「発毛サロン」や「発毛剤・育毛剤」を使うよりも先に生活習慣を見直すべきです。

 

AGAの専門家の話によると、これらの生活習慣の乱れは、どんなに優れたシャンプーや発毛剤・育毛剤を使用しても、相殺する事ができないそうです。つまり、AGAを予防・抑制する為には、毛髪に対して良い事を行なう「プラスの発毛法」より、毛髪に対しての悪い事を取り除く「マイナスの発毛法」の効果の方が大きいのです。

 

具体的には、睡眠を充分に確保して、食事バランスを整え、飲酒と禁煙は程々に控えて、無理のない運動をするなど、ストレスを溜めない生活を心がける事が大切です。