MENU

AGAに大切な頭皮クレンジング

AGA(男性型脱毛症)の原因の一つが、頭皮の毛穴に詰まった脂です。通常、頭皮の油は洗髪で洗い落とす事が可能ですが、たまにしか洗髪しない人や、皮脂の分泌の多い人の場合、頭皮に残った液体の油(あぶら)が固体になって、それが頭皮に詰まってしまいます。

 

これによりAGAが引き起こされます。この頭皮の毛穴の脂は、強力な洗浄力を持つシャンプーでも、簡単には洗い落とせないほど頑固です。脂落とし専用のアイテムを使うのが理想的でしょう。

 

AGA対策で、頭皮の脂落としのアイテムとして代表的なのが「ホホバオイル」です。ホホバオイルは、洗髪前にAGAの症状が気になる部分に指の腹で塗り込みます。その後、「シャンプーキャップ(シャワーキャップ)」を被って10分程度浴槽に浸かった後、ホホバオイルを洗い流すための洗髪を1回します。

 

そのあと、通常の洗髪を1回、計2回の洗髪を行うのがベストです。ここでポイントとなるのは、浴槽につかることです。体を十分にあたため、頭皮を蒸らし毛穴の皮脂を浮き上がらせます。その際キャップを被るのも大切です。10分以上は浴槽に浸からないと効果があまり出てこないので、注意してください。

 

ホホバオイルなどというものを頭皮に塗り込んだら、もっと頭皮がギトギトになりそうと感じるのが普通の感覚ではないでしょうか。AGAもますます促進されそうですね。しかし、この方法は「油と脂は良く混ざり馴染み易い」という性質を利用したものであり、お湯などを用いて脂を溶かすより効果的なのです。専門的な発毛サロン等でも、AGA対策の一環として実践されています。