MENU

AGAと体温の関係

AGA(男性型脱毛症)は「体温」と密接な関係にあると言われます。実際に、AGAで悩む人の中には低体温症の人が多いというのは事実です。低体温症の人は、栄養吸収と新陳代謝の悪化を招きやすいといわれます。それが、結果としてAGAに悪影響を与えてしまうのです。

 

体温が低いと、食べ物から充分な栄養を摂取してもその吸収率が低くなるため、無駄になる栄養素が多くなってしまいます。さらに、毛髪の材料となる成分や栄養も不足するので、新しい毛髪を成長させる速度も遅くなるのです。

 

「冷え性体質=AGAになりやすい体質」と言うことができるでしょう。ですから、平熱が35度台〜36度すこしと低めの人は、努力して36度台後半くらいまで体温を上昇させるのが理想的です。身体を温める方法には、「身体を冷やさない」、「シャワーよりも風呂に入る」、「ショウガなど、身体を温める食材を積極的に摂り入れる」などが挙げられます。これらは低体温を防ぐ基本の方法ですので、AGAで悩む方もぜひ実践してみてください。

 

AGAの人で、冷え性体質である場合には、一般のAGA対策だけでは充分な効果を発揮しません。プラスアルファとして、冷え性を改善するための対策を追加する必要があります。

 

その様な冷え性体質の人に、是非お勧めしたいのが「足湯」です。足湯は、暖かい湯を張った洗面器などに足を浸すだけで身体がぽかぽかして、新陳代謝促進やリラックス効果を得ることができる入浴法です。誰もが簡単に実践可能なのも魅力です。低予算で充分な効果を得やすい足湯は、体温上昇方法に最も効果的なものです。