MENU

AGAとホルモンの話

AGA(男性型脱毛症)には男性ホルモンが影響していることは、女性と比べて男性の薄毛が圧倒的に多い事からもうかがえます。しかし、AGAの発症する箇所についての疑問を抱く人も多いのではないでしょうか。AGAは生え際や頭頂部に多く発症し、逆に側頭部や後頭部には影響を受けにくいのです。そういえば、と思い当たる人もいますよね。では、一体何故そうなるのでしょうか。

 

その理由は、生え際や頭頂部は「男性ホルモン」、側頭部や後頭部は「女性ホルモン」がつかさどっていることに由来します。AGAの症状が酷い男性でも、側頭部や後頭部に関しては女性の毛髪と同じ感覚なので、薄くなる可能性が低いのです。

 

ホルモンの特性を上手に活用した植毛方法が「自毛植毛」です。「人工植毛」と比較した際のメリットは、「毛髪が成長する」、「毛髪の定着率が高く抜けにくい」、「植毛した毛髪には女性ホルモンの働きが残っている為、再び薄くなる可能性が低い」、「メンテナンスが不要」などが挙げられます。頭の毛髪全体を、AGAになりにくい女性の毛髪と取り替えるという感覚でしょうか。