MENU

AGAとタバコの関係

AGA(男性型脱毛症)に対して悪い影響を与える物のひとつが「タバコ」です。もちろん、ヘビースモーカーだからと言って、全ての人達にAGAが発症するとは限りません。しかし、AGAを発症してからタバコを喫煙しはじめることは、確実に症状を悪化させるといわれています。

 

タバコがAGAを促進させる原因と考えられるのは「ニコチン」の働きによります。ニコチンは、毒物に指定されているほどで、血液の流れを悪くして、毛髪への栄養分を行き届きにくくします。ニコチンにより栄養不足となった毛髪は、充分に成長する前に寿命を終えてしまいます。それによって、抜け毛と発毛のバランスが取れなくなり、AGAが悪化するのです。

 

AGAを本気で改善しようと思ったら、喫煙している人はぜひとも禁煙してください。禁煙は早ければ早いに越した事はありませんが、どうしても自分の意思だけで禁煙が難しいという場合は、「禁煙グッズ」などを活用し、ゆっくり自分のペースで進めてみましょう。

 

主な禁煙グッズは、「ニコレット」や「ニコチネル」、「禁煙パイプ」、「チャンピックス」などがあります。中には、「ニコチン」を含むタバコ代用商品のようなものもあります。ニコチンを含むとはいえ、タバコと違って他の有害物質を含まないため、本気でタバコを止める事を前提で使用するならば、役立つアイテムです。