MENU

agaの費用について

 

agaの費用を調べている方、agaの治療ってどうしたら効果が出て、髪がフサフサになるのでしょうか?そもそもagaとは男性型脱毛症のことです。

 

aga型の脱毛症には幾つかの種類がありますが、agaは男性に最も多く、頭頂部の毛髪が薄くなったり、髪の生え際が段々と後退していくことが主な症状です。agaは男性の脱毛症の90%以上を占めており、「男性の薄毛症状=AGA」とさえいわれるほどです。

 

薄毛に悩む方はストレスの増加や、食生活の欧米化などを原因に増えてきています。昭和の時代だと薄毛に悩んでいると聞くと、だいたい40代50代の方だったのですが、最近は30代や20代の方にも薄毛の症状に悩んでいる方がいます。

 

AGAには、男性ホルモンが大いに関係しています。名前の由来はその男性ホルモンであり、そのホルモンバランスや、遺伝、ストレス、食生活など様々な原因が引き金となる脱毛症の一種です。

 

気になり始めたら早めの対策を!

 

薄毛になると精神的にも落ち込むことが多くなるなど、メンタルに大きな影響を及ぼします。薄毛対策としては食生活を見直して、脂っこいものはなるべく避けて、睡眠をしっかりと取ることが大切になってきます。

 

agaは先天的な原因だけでなく、個々の生活習慣などの後天的な原因からも引き起こされます。女性でも男性ホルモンを持つため、ストレスや食習慣の乱れなどそのホルモンバランスがくずれれば発症する可能性はあるといえます。

 

agaでも女性の場合は、女性が発症する男性型脱毛症という意味から「FAGA(女性男性型脱毛症)」と呼ばれ、男性のAGAとは区別されています。その症状は、男性と比べると軽いようです。髪全体がペッタンとして全体的なボリューム感がなくなるというのが特徴です。

 

 

 

進行具合や年齢によってagaの費用は変わってきます

 

 

agaとは、何らかの理由により薄毛になってしまった状態を、これ以上薄毛にならないように治療を行い、更に薄くなってしまった髪の毛を発毛させると言う2つの治療を併せて行う事を意味しています。

 

薄毛には幾つかの症状が有ると言われていますが、どれも費用が掛かるのもネックであります。最近は若い人でも薄毛で悩む人が増えていると言います。これは男性型脱毛症【aga】と呼ばれる症状が多く在るのが特徴で、20代から30代にかけての男性に多く見られる薄毛の症状です。

 

若い人に一ヶ月数万円の費用の負担が掛かるのは、つらいところだと思います。

 

いくら掛かるんだろう?

 

 

agaの費用は最低でも月5千円はかかります!

 

男性型脱毛症【aga】の症状と言うのは、生え際部分が徐々に薄くなって額部分がM字の形に薄くなるM字型の薄毛と、頭のてっぺん部分が丸い形になって徐々に薄くなると言うO字型の薄毛の2つの種類が有ります。尚、M字型の薄毛とO字型の薄毛の症状の2つを持つ人もいれば、どちらか片方だけと言う人など様々です。

 

男性型脱毛症【aga】の薄毛の原因と言うのは、遺伝子による男性ホルモンの乱れと言います。男性ホルモンが、身体の中にある酵素と結びついてDHTと呼ばれる物質を作り出し、DHTがヘアサイクルの中の成長期を極端に短くしてしまい、薄毛の症状が起きるのが特徴です。

 

尚、男性型脱毛症【aga】はDHTだけではなく、生活習慣やストレスなども関係が有ると言われているのです。男性型脱毛症のaga治療を行うクリニックでは、DHTを阻害する医薬品と、育毛に効果を持つとされる医薬品の2つを併用して育毛治療を進めていきます。

 

最初に男性型脱毛症【aga】であるのかどうかを検査するのですが、検査結果により男性型脱毛症【aga】と言う診断がくだされた場合は、aga処方の1つであるプロペシアを処方してDHTを阻害し、同時にミノキシジルを処方して育毛治療を進めて行くことになります。

 

プロペシアとミノキシジルを同時に使用するとなると、毎月20,000円前後〜の費用がかかると思います。

 

 

他にもある!aga治療

 

尚、aga治療の方法と言うのは、これらの医薬品を服用したり、塗布する事で行われて行きます。

 

また、最近では様々な方法でaga治療を行うクリニックも増えているのです。aga治療ではプロペシアやミノキシジルには副作用が有る事からも、これらの医薬品を使わずに、HARG療法と呼ばれる方法で治療を進めていくクリニックも有ります。

 

プロペシアだけでしたら初診料等は別で、毎月数千円〜です。処方するクリニックによって金額はまちまちなので、それぞれのクリニックの情報をご覧下さい。

 

また、HARG治療などになると、数十万円掛かるケースもあります。ご自身のagaの進行具合と掛けられる経費を考え、ご自身にあったaga治療を選ぶと良いと思います。

 

 

 

 

正しい育毛の方法について

 

薄毛に悩む方々にとって、育毛剤と言うのは大切なものであり、出来ればすぐにでも効果を現して欲しいものです。しかし、そう願っていても、ただ単に育毛剤を頭皮に塗布すると言う方法は間違っており、費用ばかりが嵩んで、お金の無駄に終わってしまいます。

 

特に、薄毛に悩んでいる方々の殆どは、頭皮が固くなっており、しかもの毛穴の周りが皮脂で埋まっているからなのです。

 

或いは、頭皮に脂肪の塊があって、頭皮全体が脂肪にフィルム上に覆われている状態になっている方もいます。頭皮や毛穴に皮脂や脂肪等が残ったままでは、折角塗布した育毛剤が毛穴の奥の毛根や、毛細血管に到達することができません。

 

育毛剤と言うのは、毛根や毛細血管に作用することで、有効成分が機能して、血行を促進したり、毛根の活動を活発にすることによって、頭髪を育むようになっているのです。

 

勿論、頭皮に皮脂があると言うことは、生物的に必要だからそこに皮脂を発生させているのですが、皮脂が毛穴に留まった状態でいると、その皮脂や脂肪が酸化してしまい、頭皮や毛穴に炎症などの症状を引き起こしてしまうのです。

 

従って、頭皮の健康のためには、先ずは毎日良いシャンプーを使用して、きちんと頭皮を洗い、頭皮や毛穴にある皮脂や脂肪分を取り除くことが大切なのです。

 

シャンプーについても、何でもよいわけではありません。薄毛に悩む人は往々にして、髪の毛が細くなっています。これは、毛根に十分な栄養が行き渡っていないためです。そのような状態の毛髪に、あまり刺激の強いシャンプーを使っては、逆に折角残っている毛髪を傷めることになってしまいます。

 

そこで、多少は費用が掛かっても、育毛のためには頭皮と髪に優しくて、しかし脂肪分や皮脂はきちんと取り除くことができるシャンプーを用いることが大切です。

 

こうして、頭皮や毛穴がきれいになった状態で育毛剤を塗布するのが正しい育毛剤の使用方法です。このような方法を実践すれば、毛穴から育毛剤が染み込んで行って、その奥にある毛根や毛細血管に有効成分を届けることができます。

 

こちらも費用が掛かりますが、良い育毛剤を使い、血行を促し、また毛根の活動を活発にさせることによって、髪の毛が育っていくことがだんだんと実感できるようになります。

 

 

ストレスを減らす事も!

 

 

またストレスをなるべく減らして、明るく生活していくことも必要です。ですがそのような対策を講じても効果がない場合には、薄毛治療を実施しているagaのクリニックを受診しましょう。

 

agaのクリニックでは現状をしっかりと確認してくれて、適切なアドバイスをしてくれます。また生活環境の改善では効果がなかった場合には、医薬品を使った治療も行ってくれます。

 

医薬品を使った治療の場合には1ヶ月1万5000円から3万円ほどの費用がかかってしまうのですが、効果としては費用を上回るものがるので、ほとんどの患者の方が医薬品の服用を希望します。

 

aga治療に使われる医薬品はだいたいフィナステリド系の医薬品と、ミノキシジルという医薬品になります。どちらの薬も継続的に毎日服用する必要があるので、費用も毎月かかってしまいます。

 

agaクリニックでの治療にかかる費用に負担を感じるようであれば、フィナステリドやミノキシジルをネット通販等で購入するとよいでしょう。

 

病院を通さずに購入する場合、購入にかかる費用を大きく減らすことが可能なので、継続的な薄毛治療には経済的にとても助かります。

 

実際にかかる費用として5千円程度に抑えることができるので、最初は病院にお世話になっていた場合でも、後になって個人で薬を購入して病院への通院をやめてしまう方も多いです。

 

agaの治療では薬さえ服用していれば、大抵の場合は薄毛治療を行えます。なので費用を安く抑えたいならネットで薬を購入しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

agaで効果的な方法とは?

AGA(男性型脱毛症)の対策における最も有効な手段といえるのは、通常の病気と同じく「早期発見・治療」でしょう。生えている毛髪の現状維持を行なう事は比較的簡単ですが、無くなった毛髪を元の状態に戻すというのは並大抵のことではありません。しかし、だからと言って、AGAの症状が少し気になり始めたくらいで、すぐに発毛サロンや病院を訪れるのは得策ではありません。なぜなら、そこには高い出費がつき物だからです。

 

AGAかな、と気になり始めたら、まずは「自宅AGAケア」をおすすめします。自宅ケアでは、「生活習慣」と「頭皮環境の改善」をメインに整えていきます。生活習慣に関しては、食事バランスを整え、ストレス解消を試み、身体を温め、質の良い睡眠を確保することに努めます。また、「頭皮環境の改善」に関しては、頭皮の毛穴の脂を除去し、AGA対策に有効なシャンプーを使用するというものです。

 

AGA対策は、以上の自宅ケアをしっかり行なうだけで通常はOKです。月々の必要経費は、ロングヘアーの人は別として、大体1万円以内で納まるはずです。もし、金銭的に厳しくなってきたら、育毛剤の使用を続けるより、生活習慣を正すことに力を注ぐ方がよいでしょう。金銭的に余裕があるのなら、それらのケアに加えて、いろいろなAGA対策商品を導入すると良いでしょう。

 

自宅ケアと言えど、充実させようと思えばやはり経費は掛かります。しかし、発毛サロン等を利用すると、毎月この数倍の金額は必要となるので、とりあえず最初は自宅ケアを継続してみましょう。それでも、AGA改善の兆しが見られない場合に、発毛サロンや病院に相談するのがベターです。

 

 

 

発毛サロンでAGA対策

発毛サロンとは、通常のエステサロンの毛髪版ともいえるでしょう。AGA(男性型脱毛症)対策を基本として、「毛穴の皮脂の除去」「洗髪」「加圧器マッサージ」「指圧マッサージ」などの総合ケアをしてくれます。

 

発毛サロンは、AGAを根本から解決しようとする「発毛ケア」と、AGA箇所を隠すための「カツラの提供」の主に2種類のサービスがあります。片方もしくは両方を兼用してケアを続けて行くのが一般的です。その上で、各発毛サロンが推奨する「自宅ケア」を行なっていき、AGAの症状の早期改善を目指します。

 

発毛ケアでも肝心なのは自宅ケアです。これを毎日実行するかどうかで、AGA改善の効果とそのスピードは全く違います。ただ、発毛に関しては非常に個人差が大きいものです。発毛サロンは、サロンで行なうケアの他に、自宅ケアで使用するにも専用の「皮脂除去オイル」、「シャンプー」、「コンディショナー」、「発毛剤」等の購入を継続してかなければなりません。ですから、金銭的は大変な負担になると思われます。

 

AGA症状が軽い場合は、発毛サロンに通わずに自分で生活習慣の改善を行なったうえで、育毛剤等を使用し、個人的にケアをしてみるのも良いかもしれません。それでも抜け毛が減らなかったり、症状の改善が見られずに悩むという場合は、発毛サロンに相談してみましょう。